丸上食品工業株式会社

お電話でもご注文いただけます。03-3884-2709

受付時間 9:00~11:30、13:00~17:00
定休日(日曜・年末年始・夏季休暇)
お支払いは代金引換のみ

一度食べたら忘れられない表現不可能な“優しい”味わいと食感。本手造りジャンボ餃子 餡はもちろん、皮までオール手造りだから実現できた気がつくと、ふとまた食べたくなる幻の餃子焼き目はパリッと、口の中でほどける絶品の皮造りは、先代から見込まれた、たった一人の皮職人だけに許された工程。濃厚ポテトサラダ 毎日手作りのマヨネーズが決め手!北海道産ジャガイモの深いコクを味わうポテトサラダ。

丸上食品の
本手造りジャンボ餃子 ジャンボ焼売 スタミナ餃子 DX焼売 各種サラダ が
本格的に工場直送通販でお求めいただけるようになりました!

「ネット見たのだけど、一度ジャンボ餃子が食べたい!」「知人に送ってもらったあの餃子、うちの近くでは買えないんです…」

雑誌「ar」2016 9月号

全国からご要望をいただいています!

昭和39年創業の先代から続くこだわりで、
味を追求した結果・・・

“国産素材”、“保存料無添加”でないと、
この優しい美味しさは出せない
とわかり・・・

保存料無添加なので、
ひとまかせの流通・配送ではこの味をそのままお届けできない。

そこで、センター一括配送が当たり前の
スーパーでもわがままを通して
“自社配送一本やり”。

その結果・・・

弊社の配送能力でカバーできる
東京近郊の一部スーパー様でしか販売できず、
販売してもすぐに売り切れというご迷惑をおかけし、
一部インターネット上では「幻の餃子」などと、
嬉しくも申し訳ない呼び名をいただいてしまい、

工場長 梁島 呂樹

本当に申し訳ありません。

ここは、取扱いスーパー様でご購入いただけないお客様のご要望にお応えして
充実化を図った工場直送通販ページです。

とはいえ、製造数そのものには限りがありますので、売切れの際はご容赦ください。
※丸上食品のジャンボ餃子、その他商品はこちらのスーパーでお求めいただけます。

取扱店一覧
(アイウエオ順)

品切れの際はご容赦ください

これが丸上食品ジャンボ餃子の正体!

その1 たった一人の職人だけが作れる究極の皮

「お店でもこんなおいしい皮の餃子は食べたことない」という声を多数いただく、100%自家製の皮作りは、その日の温度や湿度にも影響される、とてもデリケートで、熟練の技と経験が必要な工程です。
先代の皮職人に見込まれて10年の修行を積んだ初見が作る皮は、焼き目はパリッとするのにモチモチで、口に入れると、中の餡と一体となってふわっと広がっていきます。

皮職人 初見 照了

先代皮職人から受け継いだ現在の皮作りの責任者は、こわもてだけどシャイ^ ^

  • 型抜きへと進む前の作業。普通の餃子と比べて柔らかいので、想像以上に熟練が必要な工程。
  • 柔らかい皮は、ほんとうに包むのが難しいのです。

その2 どうしてもお教えできない餡の中のアレ

こだわりの皮と一体となって、優しい味わいなのに食べた満足感のある餡の秘密。それは、
ベースの豚肉に加えられた鶏肉。それも「あの」部位でなければだめなのです。それがどこかは企業秘密。餡だけがかたまりにならないように肉は粗挽き。しゃっきりとしたキャベツの食感と相まって、絶妙の舌触りを作り出します。この食感を出すために、キャベツは季節によって産地を変えています。皮からの逆算で編み出された絶妙なバランスの餡なのです。

  • これが材料の豚と鶏のひき肉。企業秘密のため、鶏肉はボカシですみません。
  • 一番気を遣うのは水分量。その日の気温や湿度、そして季節ごとに異なるキャベツの水分含有量を勘案してキャベツの水切りを調整します。
餃子包みのベテランスタッフ

その3 国産素材・保存料無添加は、味にこだわった結果

現在のジャンボ餃子の形になったのは、創業から15年ほどたった昭和55年頃のことでした。当時はまだ、食の安全については製造者にとっても消費者にとっても、大した関心ごとではありませんでした。
しかし、とにかく味にこだわった先代が、ジャンボ餃子のレシピとして行き着いた先が、国産素材と保存料無添加だったのです。輸入食材を使ったり、保存料を入れたらうまい餃子はできない。それが先代の結論だったのです。

  • 事務所に飾られた創業者 山田光義の写真。その想いをいつも念頭において作っています。
  • 先代の書。創業時の意気込みと理想が伝わり、毎日身の引き締まる思いがします。
  • 今につながる餃子を開発していた当時の先代の極秘の日記。

今ではオゾン殺菌装置を使用した食品の殺菌・洗浄など、
安心安全管理も最新設備で。
金属探知機を使った検査も徹底しています。

いつもポテトサラダの製造が間に合わない理由とは。

その1 毎日手作りのマヨネーズ

ポテトサラダをはじめ、マヨネーズを使ったサラダの美味しさを左右するのは、やっぱりマヨネーズそのものの美味しさ。丸上食品の「手造り」はマヨネーズ作りから始まります。
レストランでも使っている極上の卵を使って毎日手作りするのは、実は経験が必要。気温や湿度に左右される経験がものをいう作業なのです。おかげで、濃厚なのに食後感がさっぱりした、サラダにピッタリの絶妙マヨネーズができるのです。

マヨネーズ職人 芦田 智之

その2 じゃがいもの芽取りも手作業

大量生産では、芽取り済みのじゃがいもを仕入れるのが普通ですが、産地にまでこだわったら、芽取りも手作業です。丁寧かつ迅速に一つずつ。実は、素材にこだわると、どうしてもこうした手作業が増えたり、自動化出来ない工程が増えるのですが、ここは譲れないところです。

ジャンボ餃子を最高においしくいただくための焼き方講座

美味しさの特長であるパリッとしてもちもち、
口の中でほどけるような餃子を焼くために、
ジャンボ餃子特有の焼き方をお教えします。

  • ① 餃子に付いている粉を、大方落とします。

  • ② フライパンは強火で充分に熱し、
    後は中火か弱火で調理します。

  • ③ 間隔をあけて、餃子を並べます。
    (指1本くらい)

  • ④ 線を引くように油をかけます。
    裏側がキツネ色になるまで焼きます。(約2分)

  • ⑤ 餃子に残っている粉を落とすように
    1個1個に少量の水をかけます。

  • ⑥ 蓋を閉めて約4分蒸し上げます。
    皮が透明になり、水分がなくなれば
    できあがりです。

動画もあります!

商品

ジャンボ手造り餃子

規格:
1パック5コ入x40g
保存方法:
冷蔵5℃以下保存/冷凍0℃以下保存
カロリー:
190kcal (100グラムあたり)
アレルギー:
小麦粉
材料:
キャベツ(愛知・埼玉県産 など国産)
ニラ(栃木県産 など国産)
豚肉(茨城県産 など国産)
鶏肉(北海道・青森県産・宮崎産 など国産)
小麦粉(アメリカ・カナダ・オーストラリア産)
  • 10パック入り3,000円

  • 30パック入り8,550円

  • 50パック入り13,000円

ジャンボ焼売、スタミナ餃子、DX焼売、各種サラダは販売準備中です。

宅配便
ヤマト運輸クール便
お支払い
銀行振込・カード・コンビニ・銀行決済(Pay-easy)<りそなPayResort>
送料
ヤマト運輸クール宅急便料金 送料一覧表(PDF)

お電話でのご注文
03-3884-2709

FAX番号 03-3884-2959
受付時間 9:00~11:30、13:00~17:00 定休日(日曜・年末年始・夏季休暇)

お支払い方法
宅配便でのコレクトサービス(代金引換)のみとさせて頂きます。
その他は、お電話にてご相談ください。